株式会社CYSAY

幹細胞培養上清に
ふくまれる成長因子とは

培養上清とは細胞を培養した後、培養液と細胞は遠心分離により取り除き、濃縮したごく微量に採取される上澄み液のことを指します。なかでも生命維持に大きく関わる幹細胞が培養液中に発現する100種類以上の既知の生理活性物質(サイトカイン=成長因子群)の総称で再生医療の普及発展に欠かせない成分と期待されています。

成長因子の発見は1986年に遡り、アメリカのドクターコーエンによるEGF(上皮成長因子)の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

一般の細胞ではなく、私たちの体内にわずかに存在する体性幹細胞を培養することにより発現する組成物は、高機能な成長因子やエクソソームを含むサイトカインの複合体です。

成長因子:グロースファクター、 EGFやIGFやVEGFなどのタンパク質
エクソソーム:細胞間のコミュニケーションの役割を果たす核酸を含んだ細胞外小胞

弊社は従来のEGFなどの単体成長因子や一部のミックスとの違いを明確にするために「再生因子」と命名しました。再生因子はこれら幹細胞が作り出す成長因子の複合体でEGFも含まれるひとつの成分です。

再生因子の独自性は完全複合体とも言える成分をオーガニックそのままに一部の欠損もないすべての成長因子群であること、だからこそ人体の組織の再生から臓器の修復へと多様な再生の手助けすることが解明されてきました。これまで不可能と思われていた組織の再生が、再生因子によって可能な未来になりつつあります。

CYSAY社の再生因子の
優位性とは

「再生因子」は、2012年に弊社が開発したサイトカインミクスチャー、幹細胞が生み出す独自の生理活性物質の名称です。

成長因子との最大の違いは成長因子が「活性」作用を持つのに対して、再生因子は「再生」作用を持つことです。再生因子の作用はiPS細胞やES細胞の作用に極めて近く、より身近な再生医療の分野においても今後の研究開発が期待できます。

弊社は2011年から名古屋大学の「幹細胞を使わない再生医療研究」に着目し、再生因子の開発に着手しました。 再生因子投与であれば移植手術を伴わず、リスクが低減される上に、細胞移植ではないため癌化の可能性も回避されます。2012年にはヒトと哺乳動物の「不死化幹細胞」の同時樹立を果たし、「無限培養」による均質で規格化されたサイトカインミクスチャーの開発に成功しました。

一般に体外での幹細胞培養では通常1ヶ月ほどでその細胞殖は停止するため採取できる培養上清はごく微量であること、医薬や化粧品としての製品化には大量に必要とするのですが、そのためには多くの人から幹細胞を採取しなければなりません。多くの人ということは、ひとそれぞれ遺伝子が異なる訳ですから成分として規格化するのは不可能と考えられていました。 弊社はこの幹細胞の不老不死化技術によって成長因子群の均質なクオリティーコントロールを可能にし、大量生産への道を切り開き、特許として国内外で権利化されました。 (Cysay™ 商標登録)

たったひとつの不死化ヒト歯髄幹細胞は無限に増殖する命を与えられたため、理論上地球の全人口に投与できる能力を生み出したのです。

細胞は分離、廃棄、サイトカインのみを濃縮。
細胞を含まないため、投与後の免疫拒絶、癌化の恐れはありません。

世界最高水準のサイトカインミクチャーとして化粧品、健康食品、ヘルスフード、将来は医薬品としての応用が可能な新素材です。日本化粧品工業連合会における化粧品原料名「不死化ヒト歯髄幹細胞順化培養液 成分番号565674」として登録されており、厚生労働省の化粧品全成分表示記載のガイドラインに準じることができます。

培養上清投与は、幹細胞移植と同等の効果が得られることが明らかになっており、一部の医療現場で行われています。弊社の再生因子は、細胞株の播種・ウイルス検査・培養・製造、全てが日本国内で行われ、医薬を目指すグレードで管理しているため、高品質で安全性が徹底して追求された製品です。

命が育む特殊なタンパク質成分ですので取り扱いには細心の注意が必要です。多くのヒト幹細胞コスメとして化粧品が出回っていますが、当社のラボでサイトカインの成分分析を行っても検出されないケースが多いのです。水溶性とは言え長く水分に晒されますと成分は失活していきます。また熱やPHにも敏感ですので製品化、品質安定化には困難はつきまといます。当社の再生因子、Cysayと配合した製品は定期的にELISA法で有効成分が検出されるか確認をしています。自信を持ってお届けできることを誇りに思っています。

DDS薬物送達システム

静脈内注射や点滴の効果性を一層高めるためには血流に乗せて届かせたい臓器や組織に集中的に届けるDDS(ドラックデリバリーシステム)が有効です。カルボキシデンドリマーによる分子標的カプセルは、標的臓器や組織が独自に持つ鍵穴に合わせた鍵を付けることで再生因子を集中的に到達させることが可能になります。新しい画期的なDDSのひとつとして埼玉大学工学部と共に研究を進めています。

【国際出願:WO2016084979A1 日本特許:登録6401795号】

がん治療薬PCT特許

Cysay社が幹細胞培養研究を重ねる中で、特殊な細胞培養方法によりガンを抑制する再生因子を多く発現することを発見しました。動物実験では腹部の胆ガンは再生因子投薬により完全に消滅しました。
この特殊な再生因子は健康増進の分野で免疫力を高めてガンの発症を遅らせる、または回避する機能性食品としての応用が期待されます。

【国際出願:WO2015111712A1 日本特許:登録6166388号】癌治療用医薬組成物及びその組成物を有効成分とする癌治療用医薬製剤、細胞培養による免疫強化再生因子生成特許

エクソソーム研究(細胞外小胞)

近年多くの研究から歯髄などの間葉系幹細胞から分泌される善玉タイプのエクソソームと呼ばれる細胞外小胞が様々な疾患に対する治療効果を持つことが明らかとなり、新たな疾患治療薬としての開発が注目を集めています。

神経疾患等でもエクソソームの機能に注目が高まっており、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などにおいても、エクソソームが関与すること明らかになっており、その研究が進んでいます。

セルフリー・セラピー、細胞を使わない再生医療で実現する病の根本治療、これまで病気になったら治そうという対症療法が主流でしたが、これからは病気にならないための根本医療、とその研究に移行していくことでしょう。

医療用製品

2013年からヒト臨床研究を開始、延べ数千にわたる医師主導のヒトへの投与が行なわれています。医師の判断に委ねられた疾患や原因不明な未病対策など幅広い分野で実施されており、その利用は増加が続いております。

他家培養上清(他人の細胞を採取して培養時に発現する生理活性物質を投与)は、自家培養細胞(自分の細胞を採取して培養、移植)のような高額費用を必要とせず、厚労省が指定し、利用に厳しい制限を加えた「再生医療等製品」に該当しないため、日本の医師法に基づき実施されており、海外からのインバウンド需要の受け皿ともなっています。これは単なる安全性の証明にとどまらず、健康保険適用医薬承認に向けて現場で働く医師の皆様にお役に立ち、ご賛同をいただけるよう「臨床試験試薬」として医療機関に限りご提供しています。